サッカー場での横断幕使用の注意点

サッカー場で応援をする場合にはマナーを守ることが重要です。もともとサッカーは中世のイングランドで行われていたフットボール祭りを起源としています。初期のフットボールはルールがなく負傷者などが発生することもあったため度々禁止令が出されるほどでした。フットボールは庶民の遊びとして広く普及していましたが、19世紀に入りパブリックスクールがレクリエーションの一環として取り入れるようになります。一般的な庶民派ルールのないフットボールを楽しんでいましたが、パブリックスクールは良家の子弟たちが集まる学校です。レクリエーションの一環として取り入れられるとともに、紳士のスポーツとしてルールが整えられていきました。現在サッカーは紳士のスポーツとされています。応援する際にもマナーを守ることが重要です。

横断幕を使用して応援をするには

サッカーというスポーツを構成する要素には選手やボール、グラウンドなどがありますが応援するサポーターの存在も重要です。サポーターは12番目の選手と言われることがあります。本来サッカーは11人の選手が戦うものですが、サポーターの応援はもう1人選手が増えたのと同じ効果を持つとされます。試合中選手たちは広いグラウンドを駆け回り、相当な体力を消耗します。同様にサポーターの人たちもかなりの体力を消耗しながら全力で試合を応援しています。特にホームグラウンドではサポーターからの強力な応援を受けることができます。彼らの応援は選手たちにとって追い風となり、試合を有利に行うことができます。応援には横断幕が使用されますが、実際に試合場で横断幕を掲げる場合にはマナーを守る必要があります。

決められた場所に決められた方法で掲げる

試合が行われる各スタジアムでは横断幕を掲げて良い場所が決められています。また幕を設置する時間も試合開始の5時間前からの1時間などと決まっています。幕を掲げることで試合を戦う選手たちにより強い思いを届けることができます。サポーターが効果的に応援を行うために重要なアイテムですが、設置する際にはマナーを守ることが重要です。例えばスポンサーの広告に被るような設置の仕方は禁止されます。さらに設置する際にはガムテープを巣用することはできません。スタジアムによっては養生テープの使用が認められる場合があります。設置を行うために入場する際は場所取りや座席の確保が禁止されます。幕のサイズも他のサポーターの妨げにならないようにすることが必要です。楽しく試合を観戦するためには、マナーを守って応援することが重要となります。