ピアノのレッスン方法の基礎知識

ピアノは子供の習い事の上位を常にキープし、音楽関連の趣味や仕事をするうえでも基礎の基礎となるような楽器です。レッスンを通して音楽に触れることで子供の情緒的な部分を伸ばし、才能を開花させていくのに役立ちます。最近では子供だけではなく、大人になってからもかつての夢であったピアノを始めたいと思われる方が多いようです。大人のための音楽教室などもたくさんありますが、まずは初心者のためのレッスンの基礎知識について学んでいきましょう。基本的には教室で学び、自宅で予習復習するというスタイルが多いようです。個人教室か大手の音楽学校でも方法は様々です。どちらが自分に合っているのかは体験してみなければわからない部分もあるので、興味があればぜひ実際に教室に足を運んでみましょう。

大人も子供もまずはドレミから始めます

大人でも子供でもまずは音楽の基本となるドレミから始まるのが普通です。運指といって、5本の指でドレミファソラシドを滑らかに弾けるように練習していきます。右手、左手、両方の手でスムーズに弾けるようになることを目標にします。最初はゆっくりでもいいので、徐々に早くしていくようにします。ここで、指を自由に動かす訓練と指が鍵盤をたたく強さを鍛えます。子供の指はまだ小さく細いので、指が届かないこともありますが、根気よく続けていくことで鍵盤を見なくても音を探せるようになってきます。基礎レッスンは非常に大事なので、毎日の練習の前にも必ず運指から始めるようにすると準備運動にもなり、これからピアノを弾くという儀式にもなります。基礎の積み重ねがのちの技術の発展につながりますので頑張りましょう。

大人からでも楽譜を読めるようになろう

子供がピアノを始めるときに使われる最初の楽譜がバイエルというものです。何作品もの短い練習曲が収められていて、徐々に難易度が上がるように工夫されています。楽譜を読むというのは子供のころから慣れていると、見ただけで弾けるようになるほど馴染むのですが、大人になってからはかなり大変な思いをすることになります。親切な先生の教室では和音のレッスンや、作曲して自分で楽譜を描く作業なども取り入れられます。楽譜の読み方はほぼ慣れなのですが、基本的なルールを知って、覚えなければ一生読めるようにはなりません。ごく簡単な練習曲でも、楽譜が読めなければ弾くことが難しくなりますので、きちんと取り組むようにしましょう。同時に和音の構成などを当てる等の耳を鍛える練習も大事です。