上達の早いピアノのレッスン方法

ピアノのレッスンをするに当たって、演奏技術の習得具合には個人差が出るものです。しかしながらその学習速度の違いが生まれる原因についてしっかりと検討することでより早く上達させることが出来るようになる場合があります。子供の場合も大人の場合もモチベーションの持ち方一つで成長速度が大きく変わる仕組みになっているのが良く知られていますので、モチベーションを高く持ち続けることが出来るような仕組みを構築することがとても重要であると言えるでしょう。ただ単に目的もなく練習していたとしてもなかなか上達することはありません。そのためにどのような方法を選択することが出来るかは人それぞれですが、自分なりの方法で上達するまでの期間を短縮することが不可能ではありません。

期限を設けて練習をするという習慣を持つこと

ピアノ教室などに通ってレッスンを受けていると、時々発表会という機会に恵まれることがあります。これは上達を早める効果があることが知られていますが、発表会という大舞台に向けてしっかりと曲を弾くことが出来るように準備をするという目標を持つことが良い方向に働くためです。いつまでに弾けるようにならなければならないという締め切りが設定されることにより練習に対する意識が高まるのがその理由です。子供の場合にはこのようなわかりやすい目標が有効に機能しますが、大人の場合にはこのような機会がそれほど頻繁にあるわけではありません。しかしながら何らかの形で目標を持って練習をするという姿勢が上達を早めることになるでしょう。その様な特徴があるということを知っておくことはプラスに働きます。

自分の演奏を誰かに聞いてもらうこと

ピアノの上達が早い人はピアノを弾くのも好きですし、誰かに聞かせるのも好きであるという人が少なくありません。一般的にある程度上達すると人に聞かせたくなるという傾向がありますので、誰かに聞いてもらうということが上達への早道であると言えるでしょう。勿論失敗しても良いという気持ちで引くばかりでは効果も薄くなってしまう場合がありますが、誰かに聞かせるためにしっかりとした演奏がしたいという気持ちを持つのであれば上達も早くなるというものです。家族や友人など身近な人に自分の演奏の成果を聞いてもらう機会を設けることも上達の助けとなる場合があります。レッスンを受けるだけではなく、しっかりと練習をして身に付けた成果を相手に披露することが上達のために大いに役立つと言えるのです。